「音楽発達心理士Ⓡ」は音楽を楽しみながら心を育む専門家です。音楽で子育て相談・発達支援を行います。
音楽発達心理士®とは

音楽発達心理士Ⓡとは

  • HOME »
  • 音楽発達心理士Ⓡとは
音楽発達コミュニーケーション法 入門講座開講中

 

埼玉ビジコンプレゼン写真

音楽発達心理士®は、音楽を楽しむことで子どもの情緒が安定することを目指しています。

音楽を楽しめるように発達支援をして、子育てに悩んでいるお母さんと一緒に親子で音楽遊びをして、子どものコミュニケーション力を育てるお手伝いをしています。

たとえば

・自分の気持ちを上手に表現できない子どもたち
・緊張したり、心配なことを上手に解消できない子どもたち

もいます。

このようなときは、子どもたちもつらい気持ちや困った気持ちになっているのです。

そこで私たちは「発達心理学や臨床心理学」の方法を取り入れて「子どもたちの気持ちを言葉を使わなくても音楽で表現することができる」楽しいプログラムを創りました。

このプログラムを使うと、自分の気持ちをことばで上手に伝えられない子どもたちも誰でもみんなが持って生まれた「音楽や芸術的に優れた能力」を引き出すことができます。

子どもたちの持って生まれた潜在的能力を育てるために

  • 子どもの発達を学んだり
  • 親子のコミュニケーションパターンを学んだり
  • 子どもの音楽表現を聴く力をつけること

を学ぶ「子どもの心の育て方講座」を横浜関内で開講しています。

そして、親が自分の子育てに自信を持って楽しめるように

  • 子どもの発達やコミュニケーション法を学ぶ場
  • 子育ての不安を気軽に話せる場

づくりのための「oto‐wan cafe おとわんカフェ」や

「oto-wan piano おとわんピアノ」を開催しています。

  • 子どもたちが、友達と一緒に、自由に音楽で表現できる場
  • 親や保育者が「子どもの発達や音楽遊び」を体験する場
  • 親子が気軽に集まって、心配なことを相談したり、情報交換ができる場

を作るために、横浜、東京、埼玉などのイベントや相談ブースに参加しています。

私たちは、子育てに困っている親を音楽で発達支援ができる専門家を育てます。

音楽発達心理士®が、みんなで一緒に活動し、研究し、共に繋がる場として
「一般社団法人 音楽発達サポート協会」を設立しました。
そして、「音楽発達心理士Ⓡ認定講座」を開講しました。

音楽発達心理士®認定講座

音楽発達心理士が目指すこと

講座風景

【講座風景】

まだ小さい子どもたちと一緒にピアノを弾いたり、お話したり、遊んだり・・・・
「ちょっとことばが遅いんです・・・」
「同じくらいの年の子どもたちとうまく遊べないんです・・・」
「うちの子、気に入らないことがあるとすぐに泣くんです・・・」

心配で・・・
誰に相談したら良いのだろう?
「音に敏感で・・・」
でも音楽って、子どもの成長に良いって聞いたことがある。

わたしたち音楽発達心理士は、
子どもたちに会う前に、お母さまお父さまとお話しながら、
子どもたちの心配なこと、気になることをお聞きします。
そしてそのとき、子どもたちはどんな気持ちなのだろうか?
一緒に考えるところから始まります。

ちょっと気になることがあったら、
まず音楽発達心理士に相談しよう。
そのような存在になれるとよいと考えています。

音楽発達心理士Ⓡのおもな役割

「音楽発達心理士」のおもな役割は、ことばとコミュニケーションの発達に心配のある子どもたちに対して、音楽を使った早期発見、早期発達支援を行うことです。
また、困難を抱える子どもたちを育てている養育者・保育者に、発達論的な立場で心のサポートをすることも目的としています。

音楽発達心理士Ⓡの発達論的立場とは

リハーサル風景発達論的立場とは、個々の社会的コミュニケーションの発達段階に合わせて、言語的および非言語コミュニケーションの発達を促し、社会的認知発達を促すアプローチです。多くの養育者や保育者は、子どもの発達や支援法について専門に学んでいないのが実情です。

自分の子どもが困難を抱えているかもしれないと急に知らされた養育者に対して、わたしたち「音楽発達心理士」は音楽あそびを親子で楽しむことで、養育者たちの不安と心配を軽減することができるように日々学んでいます。

少し前までは、発達に心配があっても「もう少し様子を見てみましょう」と診断を遅らせることが多くありました。しかし、近年、心配があれば早期に発見して、その子にあった支援の方法を早く見つけて、適切なアプローチをすることが子どものためにも、ひいては養育者・保育者にとっても、その後の子育てがスムーズに行えることに繋がることと考えられています。

わたしたち音楽発達心理士Ⓡは、支援の方法の一つとして、音楽を「遊び」と捉え、「音楽で表現する遊戯法」を主なアプローチとしています。

また子どもに対する音楽アプローチと同時に、困難を抱える子どもを育てる養育者・保育者の心身の負担に対する個別音楽発達相談にも力を注いでいます。音楽発達心理士は、心身医学(ストレス学)を学び、心と身体の病気についても学んでいます。

音楽発達心理士Ⓡとは

音楽発達心理士が、養育者・保育者の育児負担や不安に対する発達相談を適切に行うことによって、養育者・保育者は、子どもたちの社会的認知発達がどのように音楽によって変化するのかを知ることができます。理解するとともに、養育者・保育者は、自分の子育てに自信を持つことができるようになり、子どもに対する適切な対応へと繋がります。

音楽発達心理士Ⓡは商標登録されています

音楽発達心理士Ⓡは、商標登録(第5857372号)されています。
音楽発達心理士Ⓡは、音楽の演奏、セミナー企画、運営。音楽発達心理士資格の認定、付与、教材等の作成、心理相談、助言、心理療法等、されている内容について、継続したサポート指導を行います。

音楽発達心理士®

音楽発達コミュニーケーション法 入門講座開講中

 

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら TEL 0466-35-8826 受付時間 10:00 - 17:00 [ 月~金 ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
自分の子育てに自信をもちたい お父さん、お母さんへ
音楽を使った教育・支援法を学びたい保育者、教育者の方へ
音楽を使った教育・支援法を学びたい保育者、教育者の方へ
指導者の質を上げたい研修担当者様 園長(管理者)・教育担当者の方へ
音楽発達心理士®とは
音楽発達心理士® スペシャリストブログ
音楽発達と子育ての相談をする
音楽と発達心理学を講座で学ぶ
音楽発達心理士®の資格をとる
受講生の声 実績・実例紹介
よくある質問
お問い合わせはこちら
こども音楽発達サポートネットワーク
CMS子どもと大人のための音楽室
まりこ先生のピアノブログ
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人音楽発達サポート協会 All Rights Reserved.